地盤調査報告書

先日、地盤調査をご紹介しましたが、その報告書が来ましたので、ご紹介しますね。弊社は地盤調査会社さんの報告で、地盤改良工事必要の判定が出た場合には、更に地盤保証会社さんのセカンドオピニオン判定を依頼しています。何が違うかというと、地盤調査会社さんは地盤改良工事も行う会社さんなのです。セカンドオピニオンの会社さんは、改良工事は行わず、地盤保証のみ行う会社さんなので、改良工事を行う事による受益は全くありません。また保証するに当たって、改良工事施工しなくてはなりませんが、施工業者選定の選択肢は弊社にあります。という事から弊社としては、あくまでも保証するに当たっての客観的判断が下してもらえる、このセカンドおぴに判定を活用しています。それによって、少しでも必要以上の地盤改良工事を避ける事ができ、施主様の不必要な出費を抑えたいという観点から、こういう形を取っています。
288dfbbb123ac4848b5b65592d386403

こちらは、地盤調査をした業者の考察です。地盤改良が必要との判断でした。その改良工事としては、業者オリジナル施工のタイガーぱいる工法か鋼管杭工事との事でした。

2cffa90049a520c8e3e893d93ae42aa9

こちらは、地盤調査会社さんの判定が改良工事必要という事でしたので、セカンドオピニオンに判定を依頼しました。残念ながらこちらも改良工事必要の判定ですが、柱状改良工事の判定でした。そこで、見積もりを取ったところ、こちらの柱状改良工事の方が約60万円、安価で済む事が解りましたので、柱状改良工事をする事で、施主様よりご判断頂きました。これによって地盤保証も20年、5000万円の保証を受けられます。

結果、施主様にも喜んで頂けました。めでたしめでたしです。

by セバスチャンでした。