構造

pixta_9428956_M2

ライフステージでは、日本で古くから発達してきた
伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた構法である、
木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)という、
主に柱や梁といった軸組(線材)で支える、
設計自由度が比較的高めの工法で建築しています。

在来工法とも言います。

tateana


柱を立てて桁を支え、その桁に梁を架けて主要な構造としているのは
竪穴式住居に見られる構造です。

縄文時代前期には頂部が二又の自然木の柱に、
桁や梁を架けて縄で縛って固定する接合技術が出現したと見られています。

在来工法はこうした伝統的な構架・接合方法を受け継いでいますが、伝統工法が粘りで揺れを吸収する柔構造であるのに対し、在来工法は揺れを受け止める剛構造となっているなど異なる点も多く、基礎の構築、土台の設置、基礎と土台の緊結、筋交いの多用や各種ボルトやプレートといった補強金物の使用など多くの技術は昭和時代後期以降から発達したものです。

基礎部分

日本建築の源流である竪穴式住居などでは土に穴を掘って柱を立てる掘っ立て柱が用いられていましたが、地面から水分が上がれば柱は腐ってしまうため、伝統工法では礎石の上に柱を並べる構法が採られていました。

在来工法は この部分が大きく異なり、鉄筋とコンクリートで「基礎」を構築し、柱は下部で「土台」と呼ばれる横材に接合され、基礎と土台をアンカーボルトで固定しま す。このため、地震に際しては揺れを逃がす伝統工法に対して慣性を全て受け止めることになり、ホールダウン金物や羽子板ボルトなどによる補強が不可欠と なっています。

基礎は近年まで布基礎が基本でしたが、湿気対策や耐震性などの観点からべた基礎に主流が移っています。
ca0834da8a830657061b50a57c037183

bdc8be9a3a6a377a1f7e74e41127e5bc

主要部分

pixta_15815348_M
木造軸組構法は伝統工法から引き継がれた継手・仕口といった、ほぞ・ほぞ穴による接合方法を基本としています。

ただし、柱は伝統工法より細めで、柱を貫通させて水平材を通す貫も殆ど用いられません。このため、接合部は伝統工法より脆弱な傾向にあり、殆どで金物により強化されています。

また、伝統工法では稀だった筋交いが多用され、建築基準法でその使用が義務づけられています。近年は木造枠組壁構法である耐力壁の使用が義務づけられており、現在の在来工法は厳密には木造軸組構法ではなくなっています。

ライフステージの建築

aa738615cb0a51e341bad5d73528a6fa

縄文時代からの建築法が
現代にも受け継がれていると思うと感慨深いですね。

ライフステージでは上記で説明した、
木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)と自然素材をを使って、見た目・機能性だけではなく人に優しい家づくりを目指しています。


家を建て、落ち着いた頃に、
ふと、縄文時代に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
inquiry

pegetop