建Tube

ホーム > 建Tube > 実験 > ひび割れの風合いを出すクラック塗装

ひび割れの風合いを出すクラック塗装

実験

ひび割れ加工で長年使い込んだような風合いを出すことが出来る『ひび割れ塗装』を動画でご紹介します。

☆用意するもの☆

・下地用塗料(下地に塗るのはどんなペンキでも大丈夫ですが今回は茶色のステイン材を使用しています)

・上塗り用塗料(水性)

・のり(液体でもスティックでも可)または木工用ボンド

・はけ

・紙皿

・ビニール手袋

・新聞紙

 

☆やり方☆

 新聞紙を広げビニール手袋をして準備します。

①好きな木材に下地用塗料を塗りよく乾かす(上塗り用塗料と対照的な色を選んだ方がひび割れが目立ちます)

②ひび割れを起こすものを塗ります。ここではスティックのりを使用しています。

③のりが完全に乾く前のペタペタした状態で上塗り用の塗料を塗ります。

 ※塗るときのポイントはハケでこすらずやさしくのせるように塗料を塗っていきます。

④しばらくすると上塗り用の塗料がひび割れてきます。

⑤完全に乾いたら完成です!!

今回はステンシルをしてルームプレートを作ってみました

 

いかがでしたか?

クラック塗料がなくても身近な材料で簡単にひび割れを再現することができました。

皆様も是非試してみてください!!