スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > その他 > 間取の幅が広がる お洒落な吊り戸

間取の幅が広がる お洒落な吊り戸

その他その他 2021年09月13日

先日撮影させていただきましたF様邸。

リビングの扉がおしゃれなバーンドア(吊り戸)が、とても印象的でした。

 

バーンドアの「バーン」とは、英語で倉庫や納屋を指します。

欧米では、主に倉庫や納屋で使われていたようですが、一般の住宅でも多く使用されているそうです。

バーンドアは横にスライドさせる引き戸ですが、昔から日本家屋で一般的に使用されている引き戸とは違います。

大きく違うところは、床に敷居(溝)が無く引き戸の上部にスライドする為の金具が付いていて上から吊るすところです。

上から吊るすので、床に段差が出来ないことから足元がフラットでバリアフリーにもなります。

壁と一体化して収納出来たり、お部屋をライフスタイルに合わせて変えられるので、最近、取り入れるお客様が増えています。

 

そこで今回は、吊り戸を取り入れた事例をいくつかご紹介します!!

 

 

お部屋のインテリアとして

バーンドアをリビングの扉として使用したF様邸。

ヘリンボーンのアクセントウォールとも相性バッチリ。

アイアンの吊り戸の金具もお部屋のインテリアのアクセントになっています。

 

こちらは、洗面脱衣室に使用した事例。

レールの溝に誇りが溜まることがないので衛生的です。

 

 

必要な時に仕切れるのでレイアウトも自由自在

こちらはランドリールームとリビングを吊り戸で仕切れるようにしました。

急な来客時でも、扉をさっと閉めてしまえば洗濯物が干してあっても気になりませんね。

普段は扉を開けておけば、ランドリールームもリビングの一部として広く使えます。

 

扉を壁面収納して普段は大きな一つの部屋として使用し、必要な時だけ仕切ることができます。

扉で仕切ればゲストルームとしても使用できますね。

 

 

音も静かで、限られたスペースでも設置できます

スペースが限られてしまう間取りでも、引き戸なら場所を取らずに設置できます。

上から吊っているので開閉時の音も静かなのもメリットです。

 

 

いかがでしたか?

床にレールが無いので、バリアフリーになる吊り戸。

小さなお子様や将来のことを考えると足元がフラットになっていると安心ですね。

 

壁に引き戸を収納してお部屋をスッキリさせたい!! そんな方にもおすすめです。

是非お家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

※ 写真をクリックしていただくと、施工事例がご覧いただけます

 

まずは事例を見てみたいという方、施工写真集を差し上げます!!

ライフ・ステージでは資料を請求していただいたお客様に当社オリジナル施工事例集とマテリアル&テクニカルブックを差し上げております。

施工事例集には、ブルックリン、ヴィンテージ、サーファーズ、フレンチ、カフェ、ナチュラル、スタイリッシュなど様々なテイストのお家が掲載されております。

機能性だけでなく、毎日がわくわくするようなアイデアや造作が満載の写真集となっています。

是非お家づくりの参考にしてください!!

また、マテリアル&テクニカルブックには構造、断熱、保証などライフステージの仕様がわかりやすく掲載されております。

ライフステージオリジナル造作アイテムも沢山紹介させていただいております。

是非下記ボタンよりお問い合わせください

 

施工写真集をご希望の方はこちらから