スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識 > 土間打ちスペース

土間打ちスペース

ミニ知識 2014年08月30日

こんばんは~

 

突然ですが駐車スペースや玄関アプローチなどでコンクリートに埋め込まれた石・タイルなどを目にすることがあるかと思います。

 

今回は、そんな土間打ちスペースの施工のお話です。

床掘りをし、砕石を撒きます

まず床掘りをし、砕石を撒きます。

 

次にコンクリートのひび割れ防止・強度補強のためにワイヤーメッシュ(溶接金網)と呼ばれるものをひきます。

 

その後に土間打ちの高さに合わせ、埋め込む石タイルなどを固定します。(こちらは石屋根の材を使用しています。)

 

最後にコンクリートを流し、完成です。

 

コンクリートを流した後に埋め込むと思われた方もいらっしゃると思いますが違うんですね~

 

以上、施工方法のご紹介でした。

土間打ちスペース

※土間打ちの面積が広い場合には、コンクリートの膨張・収縮の際にひび割れが起こるのを防ぐために伸縮目地をいれます。(写真:上部、左部)