スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識 > 「よしず」と「すだれ」で夏を快適に過ごす

「よしず」と「すだれ」で夏を快適に過ごす

ミニ知識 2015年06月14日

夏の暑い季節、エアコンを1日中つけっぱなしという人も少なくないでしょう。地球温暖化のせいなのか、年々熱くなってきているような気もしますが、エアコンのつけっぱなしは、地球にとっても、人間の健康にとっても、あまりいいことではありません。そして、もちろん結構な電気代がかかりますから、家計を圧迫するひとつの要因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んな時にお勧めなのが、「よしず」や「すだれ」によるエコな夏の暑さ対策です。 

 

梅雨が明けると、本格的に夏の暑さがやってきます。 

暑い夏に家の中で過ごしている時は、外気温だけでなく、窓からの直射日光や 照り返しからも大きな影響を受けております。

せっかくエアコンで室内の気温を下げようとしても、 窓から日光が入ってきていては室温がさがりません。 

そこで、屋外側の窓に「よしず」や「すだれ」を取り付けることをお勧めいたします。 

 

日光を遮るのはもちろん、風が通る隙間があるので、 窓を開けている時も建物内部に風を入れることが出来ます。 

 

風を取り入れるところがポイントですね。

一般に「すだれ」は、軒や面格子等に吊るして使い、「よしず」は「すだれ」よりも大きく、立て掛けて使います。海の家などでよく見かけるのが「よしず」ですね。