スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識 > 立水栓と散水栓

立水栓と散水栓

ミニ知識 2015年06月10日

屋外に水道設備を設置する際、地中に埋め込む散水栓と、水栓柱を持つ立水栓の主に2つの選択肢があります。立水栓のいいところは、まずは、柱に高さがあるので、水道をひねるのが楽になることです。散水、洗車、清掃、子供やペットの水遊び、ガーデンパーティなど、屋外で水を使う場面はたくさんあります。水場が使いやすければ、さまざまなアウトドアの活動を快適になります。

また、地面から立ち上がった立水栓は、庭のデザインのアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

こちらが散水栓のボックスタイプです。

 

スペースがあまりなくても設置が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュな感じを追及すなら、このアンティーク調の立水栓です。

とてもオシャレな感じですね。

 

ホースを容易に接続出来る事を事前に確認してください。

 

自宅でマイカーの洗車。

植栽の水やり。

夏になると子供用プールも大活躍します。