スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識 > ご祝儀と差入れ

ご祝儀と差入れ

ミニ知識 2015年07月01日

ご祝儀と差入れ 

 

建築中のご祝儀と差入れは、どうすればいいのかと考えている方は、結構いらっしゃいます。 

㈱ライフステージで、ご新築をされる場合は、「ご祝儀」や「職人さんに差入れ」等は、 

基本、必要ありません。 

職人さん達にも、伝えてあります。 

夏の暑い時期には、冷たいものを差入れしたいという方がいらっしゃいます。 

 

その場合、職人さんに差入れを持って行っても、 

「受け取れません」なんて断られるようなことはないので、ご安心を。

そして、どうしてもご祝儀を渡したいとい方が、 いらっしゃいます。 

その場合の金額ですが、担当する大工さん1名に、5000円を渡すのが適正だと考えています。 

担当する大工さんが2名なら、合計10,000円です。 

これ以上の金額は、お施主様の負担が増大します。 

あくまでも、「どうしても渡したい」という、ご希望がある方のみです。

ご祝儀というのは、「心付け」という意味があります。 

 

※心付けという意味は次の通りです。 

 

お世話になる人に感謝の気持ちを示すために与える金銭や品物。祝儀。 

 

詳細は、ライフステージのスタッフに お問合せして下さい。 

 

宜しくお願いいたします。