スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 工事進捗 > 夏涼しく、冬暖かい家

夏涼しく、冬暖かい家

工事進捗横須賀市S様邸 2018年11月18日

横須賀市にて施工中のS様邸の気密測定が行われました。

 

家づくりをはじめると気になるのが『高気密高断熱』。

高気密高断熱住宅は夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴です。

また、部屋の空気を一定に保つため隙間風によるエネルギーロスがない省エネの家にすることができます。

 

高気密高断熱と言っても、

内断熱と外断熱どちらがいいの?結露しないのはどっち?

断熱材もグラスウールと発泡ウレタンとどちらの方が断熱性能が高いの?

など感覚的であったり、ネットで調べても情報がありすぎてよくわかりませんよね。

そこでもっともわかりやすいのは「数値で示したもの」ではないでしょうか。

当社の施工住宅ではC値1以下を目指しています。

 

 

気密性能は、地域によって要求度合いが異なっています。

北海道、青森県、秋田県、岩手県地方では、C値が2.0以下となる住宅を気密住宅と規定しています。

また、それ以外の地域では、C値が5.0以下の住宅を気密住宅としています。

【※ C値(気密性能)、Q値(断熱性能)は気密性や断熱性を数値としてあらわしたものです。】

注:実際は都道府県単位ではなく、市町村単位で決められています。

 

24時間換気をするのだから高気密高断熱にこだわらなくてもいいのでは?

よくこんな疑問を聞きますが、24時間計画換気と隙間風とは違います。

気密性でない住宅の場合、隙間から空気が入ってきてしまうために、室内の空気を計画的に入れ替えることができません。

隙間風は強風時には嫌でもたくさん入りますが、無風時には換気を期待できません。

また、入ってくる外気の温度や湿度がいくら不快でも排除することができません。

そして、隙間風は中途半端に少ないと空気がよどむ箇所が発生し、カビやダニが発生しやすくなります。

そこに窓サッシなどで温度差があると、結露も発生しやすくなります。

窓を開けて換気するにしても、外気が適温で乾燥しているという条件がそろうことはなかなか無い為、

気密性能を高め計画換気を行う必要があるのです。

こちらは細かい箇所に断熱材を吹き付けているところです。

詳しい資料をご希望の方は『資料請求はこちら』ボタンよりお問い合わせください。