スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > その他 > 大和市K様邸 アールの下がり壁

大和市K様邸 アールの下がり壁

その他その他 2020年04月03日

大和市に完成したK様邸。

玄関扉はアールの形をしています。

玄関扉に合わせて、シューズクローゼットはアールの下がり壁にしました。

 

下がり壁とは

下がり壁とは、別名で垂れ壁とも言われ天井から40cm~50cmほど下がっている壁のことです。

ドアや壁で仕切ってしまうとどうしても狭く圧迫感を感じますよね。

下がり壁の良さは、ドアや壁を使わず空間を仕切ることができる点です。

ライフステージで建てられた多くのお客様のお家でもアールの下がり壁を施工しています。

 

また、最近では湿気がこもるのを防ぐために、ウォークインクローゼットやシューズクローゼットにあえて扉をつけずに下がり壁で空間を仕切る方も多くいらっしゃいます。建具や壁がなくなるとコストダウンができる利点もあります!!

 

 

大和市 K様邸

狭い空間になりがちな玄関ホールでは、シューズクローゼットの扉は付けず下がり壁にすることで開放感を損なうことなく空間を仕切ることができます。

湿気を防ぐこともできますね!!


 

 

藤沢市 W様邸

同じアールでも、デザインの変化をつけるだけで全く雰囲気が変わります。

インテリアに合わせて空間全体をおしゃれに演出できるのが魅力ですね!!

 

 

横浜市 A様邸

和室に下がり壁を設けました。

下がり壁によって空間を区切ることで、和室が落ち着きがある空間となります。

 


 

『アールの下がり壁』いかがでしたか?

下がり壁はリビングキッチンなどの広い空間での防火・防炎対策としても機能し、普段の生活でもキッチンからのにおいや煙が広がるのを防ぐ役割も果たします。

※ それぞれの写真をクリックすると施工事例がご覧いただけます。

 

ライフステージの施工事例を動画でご覧いただけます!!

写真だけでは伝わらない現地の様子を動画でご紹介しておりますので、ご興味のある方は是非『建TUBE』をご覧ください!!

建Tubeはこちらから