スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識

ミニ知識一覧

地盤調査と改良工事

ミニ知識 2015年07月02日

地盤改良が必要かどうかは、 地盤調査 をしてみないと分かりません。 

 

地盤調査は更地の状態で、建つ予定の建物の四隅と中心で測定します。 

ですから、建て替えの場合は、住宅会社と契約した後、既存建物を解体してからでなければ、 

地盤改良の有無の判定が出ません。 

地盤改良が必要になるであろうことを見越して、資金計画を立てておくことが賢明だと思います。 

改良工法は、地盤の状況に応じて工法が違ってきます。 

一般の住宅では、主に次の3つの工法があり、それぞれ、費用も違います。 

・表層改良工法   

 表層改良工法 軟弱地盤が深度2mまでの場合に行う工法です。 

 ・柱状改良工法   

 柱状改良工法 軟弱地盤が深度2m~8mまでの場合に行う工法です。 

 ・鋼管杭工法   

 鋼管杭工法 軟弱地盤が深度2m以上で、狭小地など大型重機の搬入が難しい場合に行う工法です。 

深度30mまで工事可能です。 

地盤改良工事の費用ですが、参考程度にしかなりませんが、戸建て住宅の場合には50万円〜200万円くらいの範囲になることが多いといわれています。 

敷地前の道路の状況等、重機が搬入しやすいかどうかによっても、費用が変わってきます。 

詳細はライフステージスタッフまで、お気軽にお問合せ下さい。 

宜しくお願いいたします。

ご祝儀と差入れ

ミニ知識 2015年07月01日

ご祝儀と差入れ 

 

建築中のご祝儀と差入れは、どうすればいいのかと考えている方は、結構いらっしゃいます。 

㈱ライフステージで、ご新築をされる場合は、「ご祝儀」や「職人さんに差入れ」等は、 

基本、必要ありません。 

職人さん達にも、伝えてあります。 

夏の暑い時期には、冷たいものを差入れしたいという方がいらっしゃいます。 

 

その場合、職人さんに差入れを持って行っても、 

「受け取れません」なんて断られるようなことはないので、ご安心を。

そして、どうしてもご祝儀を渡したいとい方が、 いらっしゃいます。 

その場合の金額ですが、担当する大工さん1名に、5000円を渡すのが適正だと考えています。 

担当する大工さんが2名なら、合計10,000円です。 

これ以上の金額は、お施主様の負担が増大します。 

あくまでも、「どうしても渡したい」という、ご希望がある方のみです。

ご祝儀というのは、「心付け」という意味があります。 

 

※心付けという意味は次の通りです。 

 

お世話になる人に感謝の気持ちを示すために与える金銭や品物。祝儀。 

 

詳細は、ライフステージのスタッフに お問合せして下さい。 

 

宜しくお願いいたします。

聞き上手

ミニ知識 2015年06月30日

家を新築して、引越しが終わると、ご近所付き合いが始まります。

ご近所さんとのお付き合いは、「まず家ありき」のお付き合いとなります。 

生活に根差していて、簡単には変えようがない、 

長く続けていかなくてはいけないのが近所付き合いの特徴ですね。 

単純な友人同士の関係とは、ひと味もふた味も勝手が違います。

簡単に変えようがなく、付き合いをやめて孤立してしまえば、生活がしにくくなるという複雑な要素を持つ近所付き合い。 

つかず離れず、長く細々と続けていく必要のある隣人と良い関係を築くポイントは、相手と程よい距離感を保つことです。

「自分の話を興味を持って聞いてくれる人に好意を感じやすい」ということが、心理学でわかっています。 

人と円滑な関係を築ける人は、大抵「聞き上手」です。 

聞く8割・話す2割がちょうど良い感じだそうです。 

「話す」は少なめにし、「聞く」を重視したコミュニケーションを心がけ、 程よい距離を保ってお付き合いをしましょう。