スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識

ミニ知識一覧

人生の転機

ミニ知識 2015年06月29日

住宅を持ちたい、家を建てたいとお考えの方たちに、 

その夢を実現させてあげたいと、我々は日々努力しています。

人生の転機と言うと「結婚」「就職・転職」「人との出会い」などが思い浮かびます。 

全てが大きな「転機」ですね。

 

 

 

 

家の購入を「人生の転機」とされてはどうですか。 

かけがいのない思い出作りのために家を買う。 

こんな素晴らしい「転機」はありません。

 

 

 

 

 

 

素晴らしい出会いが、数多くあります。

 

 

 

自分の家を建てると、ご家族全員が心が豊かになり、人に感謝できるゆとりを持つことができます。 

そんな想いを育む場所が「家」にはあると思っております。 

大きい家も小さい家も関係ありません。 

高い家も安い家も関係ありません。 

 

家の形状等は、千差万別ですが、心が満たされ安心できる家が必要だと、考えております。 

そんな貴方の応援とサポートをライフステージスタッフが承ります。 

 

 どうぞよろしくお願いいたします。

鉄筋とコンクリートの関係

ミニ知識 2015年06月28日

コンクリートは、圧縮力にはとても優れていますが、 

引張り力は弱い。 

そこで引張り力に優れた鉄筋が、その弱点を補います。 

鉄筋とコンクリートは、とても相性が良いのです。 

木造住宅などの基礎にコンクリートが使われますが、 

基礎は建物の重さ(鉛直荷重)を受けて地盤に伝えます。 

 

コンクリートと鉄筋は、お互いに弱点を補い合う素晴らしい関係であります。

まさに「理想の夫婦」と言えますね。

お互いの長所と短所をうまく補える、 鉄筋とコンクリート。 

基礎工事中の現場を見たら、 「夫婦円満」という言葉を連想して下さい。 

 さらに夫婦の仲が良くなるかもしれませんね。

思い立ったら吉日

ミニ知識 2015年06月27日

「思い立ったら吉日」 

 

 「そろそろマイホームを」と自ら考え始めたり、両親から住宅購入を勧められると、意識し始めたりしたときに、「まだ家を買うには早すぎないか?」「何歳ぐらいで住宅購入するのがよいか?」と住宅購入すべき年齢について考えている方は多い のではないでしょうか。 

 

住宅購入に適した年齢は、誰にも共通するような明確な回答はありませんが、 

検討すべきことや関連する情報について抑えておき、 自分が購入する適切な時期を考えみてください。

 

ある統計によりますと、 

30代半ばの方が、住宅購入者の50%程度との結果が出ています。 

しかし、これはあくまでも平均の年齢です。

日本のことわざに「思い立ったら吉日」という言葉があります。

 「やりたい」と思ったときが、始めるべき一番の瞬間です。 
 
家を建てるのも同じです。 
一番の適切な時期は、自分がやりたいと思ったときです。 
自分が自分らしく生きるために、自分の気持ちに正直になっていないと、自分らしく生きているとは言えないのです。 
 
家を建てようと考えたら、すぐに連絡して下さい。 
「思い立ったら吉日」です。
宜しくお願いします。