スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > ミニ知識

ミニ知識一覧

木造在来工法

ミニ知識 2015年06月26日

現在、現場写真を撮影する時は、このようなコンパクトタイプの工事用看板が使用されています。 

木造住宅では、細かな部分の撮影や、少し高い位置での撮影があるため、このような伸縮可能なバーがついた看板となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は、このような黒板を使用していました。 

現在、公共工事等では広く使用されています。 

 

あらゆるシーンで、日本では「改善」、「改良」が図られていますね。 

それが「技術大国ニッポン」という言葉につながると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で最も広く普及している在来工法は、伝統工法による木の技術を生かしつつ、仕口や継手といった接合部分を金物などで補強し、壁を強固にしていった工法です。 

従って、伝統工法のように力を骨組みで分散して柔らかく受けるのではなく、建物が地盤と一体になった固い耐震構造といえます。 
 
その上、接合金物の「進化」によって、より高い耐震性を実現しました。 
 
ここにも、「改善」、「改良」が図られていますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「もっと、在来工法の事を知りたい」、「どのくらいの耐久性があるのか、伺いたい」等、疑問やご質問がある方は、ぜひ、ご相談を。

 

ご連絡をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

旬のもの

ミニ知識 2015年06月25日

旬なもの 

 

 先日、ある方から「旬な食材」を教えて貰いました。 

野菜では、「トマト」や「きゅうり」など。 

魚では「アジ」や「カツオ」が旬な食材と知りました。 

 

季節ごとに、色々な旬な食材が楽しめますよね。 

カツオを例にしますと、 

「目には青葉 山ほととぎす 初がつお」と有名な句があるように、初夏の訪れを告げる「初がつお」秋の「戻りがつお」と共に、季節を彩る味覚です。

日本と言えば、四季の国ですね。 

これから梅雨が明け、暑い暑い夏が到来します。 
その後、10月頃より涼しい秋となり、11月頃から、寒い冬となります。 
そして、3月頃中旬には春となり、4月初めに桜の見頃を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

㈱ライフステージでは、無垢材を使用しております。 

無垢フローリングは自然の木で生きていますので、 

冬から春にかけては暖房などの乾燥によって隙間ができ、 

湿度の高い梅雨から夏にかけては湿気を吸って伸びるため、 この隙間は小さくなっていきます。四季を通じて伸縮を毎年繰り返します。 

この繰り返しで、木材は段々と落ち着いてきます。 

年月が経つにつれ「経年美化」により、無垢材は味わい深くなってきます。

四季折々の食材を楽しみ、 味わい深い「無垢フローリング」で家族団らんを楽しんでみませんか? 
 
家を新築されるなら、㈱ライフステージにご相談を。 
ご連絡を心よりお待ちしております。

 

紅茶を楽しむ

ミニ知識 2015年06月24日

紅茶を楽しむ 

 

家を新築すると、友人や知人を自宅に招きたくなりますね。 

いつもより少し特別な気分を味わうために、 この時期におすすめなのが、 アフタヌーンティーです。 

 

美味しい紅茶と楽しいおしゃべりで、優雅な時間を過ごしましょう。 

 

 紅茶や軽めのサンドイッチ、スコーンやケーキを、 おしゃべりと一緒に楽しむアフタヌーンティー。 

 

元々はイギリスの貴族の習慣だっただけあって、 

その優雅さとゆったりと流れる時間は格別です。 

アンティークのティーカップなどを用意しておけば、 

紅茶がより美味しく感じられると思います。 

自宅を新築したら、アフタヌーンティーを楽しんでみて下さい。

㈱ライフステージの事務所に、午後の時間帯に来られる時は、アフタヌーンティー気分でいらっしゃって下さい。宜しくお願いいたします。